自分の教室のホームページを個人で簡単に作成する方法

音楽・語学・塾など教室やスクール事業などのスモールビジネスの運営者に選ばれるホームページ作成ツールホームページ作成ソフト【ジンドゥー】 。一日あればスクールのホームページとして十分稼働できるコンテンツがきちんと揃っています。

 

ホームページを作りたいけどどのサービスを使ったら良いか迷っている教室・スクール運営者の皆様に特にオススメです。

JIMDO(ジンドゥー)が習い事教室のホームページ作成に選ばれる3つの理由!

安くて簡単!あっという間に初心者でもすぐに作れる

ホームページ作成ツールを選ぶ時は、特にパソコン操作が苦手な人は簡単に更新できるかどうかが非常に重要です。ジンドゥーはそんな機械音痴な人でも直感でパーツを組み合わせてページを作れる簡単操作のホームページ作成ツールです。

 

本来HTMLやCSSなどといった専門知識が必要なホームページ作成ですが、その知識が一切不要とあり、利用者は世界でなんと170万ユーザー。簡単操作で有名な最大級のサービスです。

日本の会社が販売元!メールサポートも日本語で受けられる

ジンドゥーはもともとドイツ生まれですが、日本ではKDDIが販売元となっています。プロプラン以上は日本語でメールサポートが受けられます。比較せず簡単に見つけたサービスを使用すると運用し始めた時に小さなトラブルが出てくることも少なく有りません。

 

よくある無料サービスは、公式が出しているチュートリアルが用意されていなかったりします。プライベートで使用するようなサイトはかまいませんがビジネスサイトとしてはあまりオススメしません。

独自ドメイン取得で月額2,460円〜という安さ!

小さな教室とは言え、ビジネスとして運営するのであれば、サイトの信頼の証とも言える独自ドメインを取得しましょう。ビジネスプランはデータサーバーも無制限で使えるプランで月額2,460円という安さで利用できます。(独自ドメインとは?「https://www.◯◯.co.jp/」のように教室オリジナルのURLを指します。)

 

自分で作るホームページ作成ツールJIMDO(ジンドゥー)って?

ホームページ作成ソフト【ジンドゥー】 は株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズが販売業者のツールです。誰でも簡単にホームページが作れます。

プラン 月額料金 メールサポート SEO機能
①フリー 0円
②プロ 965円
③ビジネス  2,460円

④SEOプラス

4,110円

⑤プラチナ

5,190円
①フリー 無料で作成!個人仕様向き(広告表示)
②プロ 趣味から仕事まで使えるプラン(サーバー容量限度有り)
③ビジネス 個人事業主やフリーランスに最適(オススメ!)
④SEOプラス 検索結果の順位を向上
⑤プラチナ 本格的なホームページを目指す人向け

ホームページは小さく作って大きく育てていく事がとても大事です。③のビジネスプランはグーグルなどの検索エンジンで検索者にあなたのサイトを見つけてもらいやすくする対策が取れる構成となっています。

 

②プロプランはこのSEO対策機能(検索結果上位表示対策)がついていない上サーバー容量上限があるためページや写真をどんどん増やしていく事が難しくなります。

 

>>ホームページ作成ソフト【ジンドゥー】 はこちら


パーツを選んでホームページが作れる簡単操作!

ご覧のように操作は必要なパーツを選んで組み合わせてページを構成することができます。グーグルマップや、お問合せフォーム、PDFの埋め込み、グーグルカレンダーまで埋め込みが簡単にできます。スクール運営で必要なコンテンツがパーツを選ぶだけで簡単にできちゃいます。

JIMDOで自分でホームページを作るメリット・デメリット

メリット

  • パソコンが苦手な人も直感で触ってパーツを追加する簡単なシステム。
  • スマホに対応したレスポンシブレイアウトデザインに自動生成してくれる。
  • 日本語のサポートメール対応で本当に助かる。(Businessプラン以上)
  • YouTubeやグーグルマップ、体験申込みフォームも設置が簡単。
  • 専用アプリでスマホからサクサクっと簡単更新できる。(文章のみ)
  • テンプレートデザインが豊富。だれでもシンプルにプロっぽいサイトが作成できる。
  • 検索結果上位表示(SEO対策)コーチングサービスが有る。(Businessプラン以上)
  • ホームページの中にブログも併設設置ができる。

デメリットは?

  • 掲載する内容は自分で考えなければいけない。
  • 電話サポートが無い。

よくある質問

ジンドゥー以外のおすすめホームページってありますか?

スクール・教室向けホームページで十分なコンテンツを要しているJIMDOのビジネスプランと同等の内容で比較しメリット・デメリットを紹介します。

アドバンスプラン

1,500円(月額)

独自ドメイン

ディスク無制限
カレンダー
SNS連携
SEO対策
電話サポート

デザイン重視したい人には良いツール。新規会員獲得のためというより既に生徒数が多いスクールや教室規模がある程度大きく、事業名で検索されるようなスクールには向いているかも。

 

ホームページ集客で大事な要素となるページ毎のSEO対策について解説されているページが少し難易度が高い説明書きの印象。

 

操作画面については少々難易度が高めの印象。

スタンダードプラン

3,000円(月額)

独自ドメイン

ディスク無制限 50GB
カレンダー
SNS連携
SEO対策
電話サポート

豊富なテンプレート量があるが、デザイン的には”シンプル”。大きな写真がトップに配置されるようなデザインが主流なので、第一印象を決める写真は厳選するとおしゃれに仕上がると思います。

 

SEO対策については公式サポートにわかりやすい開設があるので見ながら対応をすると基本的なページ作りの方法が理解できると思います。


 

料金

初期費用4,500円+月額2,700円

独自ドメイン

ディスク無制限
カレンダー ◯(グーグル)
SNS連携
SEO対策
メールサポート

白紙のページから自分で構成する必要がなく、予め業種毎におすすめのテンプレートが用意されているのが良いですね。

 

完成までのステップもわかりやすくその名の通り、整理された情報をシンプルでもわかりやすく早くホームページに掲載したいと思う人にオススメ。

 

オンラインでの相談会があり、プロに直接自分が作ったホームページの相談ができたり操作の相談ができるのがとても良いサービスです。


無料のホームページ作成サービスはなぜだめなの?

まず、無料であるために突然そのサービスが終了してしまう事があります。せっかく作ってもなんの前触れもなくサービスが終了してしまってもどこにもだれにも文句は言えません。

 

また、無料サービスは自社サイトなのに広告が表示されてしまいます。ビジネスの信頼性という点において自社サイト内容と全く関係ないビジネスや競合他社の広告が挿入されるので大きな機会損失になります。

 

個人使用のホームページならそれでも構いませんがビジネスサイトとしてあまりおすすめしません。

無料サービスを利用するのはハードルが低く誰でも使えます。言い換えれば信頼性のない低品質な事業者もこの無料サービスを使って簡単に低品質な量産しているとも考えられます。

 

パソコンやネットに詳しい人がこの無料サービスのURLを見た瞬間「ああ、ここのビジネスは独自ドメインじゃなく、無料のままで運用してるんだなあ・・。」と見抜かれてしまいます。

 

 

ホームページはインターネット上の名刺代わりと考えてみてください、丁寧に作られた名刺だと一緒に仕事をしたいを信頼してもらえるのではないでしょうか?

 

有料サービスの場合ホームページの不具合がある場合などもきちんとサポート対応がありますが、無料の場合は自分で問題を解決し、閲覧者や利用者へトラブルの原因などを説明する必要が出てきます。

 

SEO対策(検索結果上位表示対策)の点からも無料サービスはページが増やせない、ページ毎に対策が取れない、同じサービスのドメインで作成されているページは、検索結果に表示されにくくなります。もしあなたが広告費をかけずに長期的に集客したいならこの対策が一番大事なポイントになります。

集客するためのホームページ制作のポイント

デザインにこだわりすぎないこと

ホームページ作成ツールの謳い文句の一つに「デザインテンプレートが豊富!!」ということを一番にしているところがあります。芸能人や一定の顧客数があり、業界あるいは地域での知名度が高いサービス(店舗名で検索されるような有名店)ならばデザイン重視でブランドイメージを保つためにデザイン重視にすることは大事です。

 

習い事スクールなどのようなスモールビジネスの場合のインターネット集客はユーザーへのアプローチ方法が全く違います。プロの制作会社のサイトを見るとそれは素晴らしいデザインの実績がありますが、デザインにこだわりそれが第一優先になるとユーザーに届けるべき情報が薄いサイトになるでしょう。

 

スモールビジネスこそ、自分の言葉で語り、整理された情報を休むことなく継続して掲載することが大事です。

アクセス分析でユーザーのニーズを確認する

アクセス分析というと少し難しいかもしれませんが、要するに「あなたのホームページはどんなニーズの人がやってくるか」をチェックすることが大事です。

 

自分中心で情報発信をするのではなく、あなたのサービスでユーザーがどんなことを期待しているのか、その疑問を払拭できる情報が掲載されていると読者は最後まで読んでくれます。

 

どれだけユーザー目線で情報を発信できるかがホームページ作成で大事な要素の一つです。